植物循環水と野花のエキスの化粧品のKIRYO[キリョウ]を「名古屋市南区 ほうねんや」で販売しております。

秋の肌は不安定

空は青く澄み渡って清々しい頃。

穏やかな日中から、朝晩の冷え込みが強くなり、秋が深まっていきます。

肌は夏のダメージを受け、乾燥・はりのなさ・メラニンの蓄積と悩みを実感しやすくなり、さらに湿度の低下によりさまざま肌悩みが現れます。

肌本来が持っている保湿力が低下する

空気が乾燥することで、知らず知らずのうちに肌の水分が奪われ、角質の水分が保てない状態になります。

また夏に浴びた紫外線のダメージから回復しようと、表皮のターンオーバーのスピードが一時的に速まります。

乾燥による水分不足の状態に加え、ターンオーバーの乱れで不完全な細胞が生まれることによって、
肌は十分に成熟できず、肌本来が持っている保湿力が低下します。

秋のお手入れポイント その1 「化粧水と乳液で角層を良い状態に保つ」

秋の肌は乾燥や紫外線のダメージにより、バリア機能・保湿機能が失われやすくなります。

だからこそ、化粧水と乳液をたっぷり使った日々のお手入れが大切で す。

化粧水でうるおう環境に整え、乳液でその環境を維持することで、肌の生まれ変わりがスムーズになるとともに、
気温・湿度の低下や暖房による乾燥などの 影響を受けにくく、うるおいのある肌になるのです。

化粧水と乳液で角層を良い状態に保ちましょう。

秋のお手入れポイント その2 「意外と目立ってしまう手のかさつき・くすみ」

顔の肌と同じように「手」も気温・湿度の低下と暖房の影響により乾燥します。

手のかさつき・くすみは時として顔以上に年齢を感じさせてしまいます。

手はちょっとしたお手入れで大きな改善効果がありますので、
しっとりうるおう効果の高いハンドクリームでマッサージするようにいたわって、うるおいと透明感の ある美しい手肌を保ちましょう。